*スティーム蒸留法と*ハイドロ蒸留法の比較  
   一概にどちらの蒸留法が優れているとは言えません。スティーム法は熱効率が良く、燃費がハイドロ法と比べると
 掛りません。そのため、特にヨーロッパではスティーム蒸留が用いられています。また、バラの花弁など薄いものは、
 花弁や葉同士がくっついて水蒸気が通りずらくなるのでスティーム法は使わず、ハイドロ蒸留を行います。高価なハ
 ーブもハイドロ法が使われています。
  一方、水蒸気が通り易い
(ラベンダー、ローズマリー、ヒバ、ヒノキ、月桃)などはカラムタイプを使えば清掃も簡単で(カラム
  の中にそれらを入れますので清掃の際はカラムを倒すだけで廃棄できます)。
スティーム蒸留に向いています。もちらんそれらの
 ハーブもハイドロ蒸留で良質な精油や芳香蒸留水を得ることができます。但し、ハーブによってはどちらの蒸留法
 が適しているかは実際試してみないと分からないようです。
蒸留器インデックスページ » 蒸留  » アランビックによる蒸留法
TOP

蒸留器/銅製蒸留器/焼酎蒸留器/アロマ抽出器/ハーブ蒸留器/アルコール蒸留器/ハイドロゾル
TOP
精油のその他の抽出法
蒸留器販売オンラインショップホーム |||

□圧搾法(コールドプレス)
 
オレンジやレモンなどのかんきつ類はその皮を圧搾して精油を抽出します。かんきつ類の精油は熱に弱いため、ほとんどが
 この圧搾法による抽出が行われています。例外的には水蒸気蒸留法で精油を抽出するものにライムがあります。


□溶剤抽出法
 
ヘキサン、ベンゼン、石油エーテルなどの有機溶剤を用いて、ローズ、ジャスミンなどの精油成分を抽出する方法で、植物と溶
 剤を混ぜ、攪拌した後に、植物を取り除き、低温減圧下で溶剤を除去します。この状態で得られた物質をコンクリートと呼び、こ
 のコンクリートをアルコール抽出法で不要成分を除去し、さらに低温減圧下でアルコールを取り除いたものがアブソリュートと
 呼ばれる芳香成分です。 

□油脂吸着法
 
油脂に植物の芳香成分を吸着させる方法です。温浸法(Maceration)と冷浸法(Enfleurage)があり、温浸法は植物を油脂に浸
 す際に60〜70℃に温め、冷浸法は温度を加えず、室温で芳香成分を抽出するため、花などの芳香成分を抽出するには理想的
 な方法ですが、人手がかかるため、今ではあまり行われてはいません。この油脂をアルコールで溶解し、油脂を除去した後、ア
 ルコールを低温減圧下で取り除いたものがアブソリュートと呼ばれる芳香成分です。


□低温高圧抽出法
 
植物を精製水、無水エタノール、食品用アルコールなどの溶剤に浸し、8気圧程度の圧を加え、エタノールなどの溶剤を植物の
 細胞内に浸透させ、芳香成分を吸着させ、常圧に戻す際にそれらを細胞の外に引き出します。このサイクルを機械的に繰り返す
 ことによって、溶剤中に芳香成分などを高濃度で抽出する方法です。


□超高圧臨界抽出法
 
炭酸ガスを30MPaとも50MPaともいわれる超高圧下で31.2℃以上に保つと炭酸ガスは液体でもない気体でもない、いわゆる
 臨界状態となり、その状態で行う抽出法。 非常に自然に近い状態での抽出の上、常圧・常温に戻すと炭酸ガスは自然に空気中
 に放出され、溶剤の残留のないクリーンな抽出成分を得ることができます。 但し、チェンバー内を超高圧に保つためには非常
 に高価な設備が必要となります。

*1 良質の芳香蒸留水(ハイドロゾル)の抽出量の目安で、ハーブまた抽出条件(抽出速度や
  冷却槽の水温など)により異なります。
*2 蒸留を行う際に各サイズのポットに入れる目安の量ですので適宜増減して下さい。。植物
  の重量は乾燥と生では大きく異なります。(上記の表は乾燥ハーブを基準にしております)
蒸留器/銅製蒸留器/焼酎蒸留器/アロマ抽出器/ハーブ蒸留器/アルコール蒸留器/ハイドロゾル
鞄本メディカルサービス
お問合せ電話番号03-3476-2921 FAX:03-3476-2922
鞄本メディカルサービス
お問合せ電話番号03-3476-2921 FAX:03-3476-2922
蒸留器販売オンラインショップハーブの使用量目安精油の一般的抽出法ホーム |||

アランビック蒸留器はスワンの首のようなパイプが付いたハット(ヘッド/蓋)、
 蒸留する植物を入れるポット、蒸留した水蒸気を冷やして液体に戻す冷却槽
 から基本的には成り立っています。
*冷却槽の水の温度は生ぬるい状態がベストといわれています。
*水道水が使える場合は冷却槽の中に、冷却槽から排水される速度と同じ排水
 量の水が入るように蛇口を調節します。
*水道水が使えない場合はやかんなどに水を入れて排水量に合わせて冷却槽
 の水温が上がり過ぎないように注ぎ足します。
*最も理想的な排水方法は屋外などで水道水を入れながら、排水口を木栓など
 で閉じ、温かくなった冷却槽の水を上から溢れさせ、冷却槽の温度を一定に保
 ったほうがより良い芳香蒸留水や精油を抽出することが出来ます。
アランビック蒸留器の原理
    アランビックとハーブの使用量の目安
  商 品 名 抽出量*1
(ハイドロゾル)
 ハーブの量*2 ラベンダー カモミール  ローズ 青森ヒバ   月 桃 ローズマリー
1カップ(200cc) 花(乾燥) 花(乾燥) 花(乾燥) オガ粉 茎/葉(乾燥) 葉(乾燥)
0.7L ランプセット    140ml 0.6カップ 120cc     16g    20g    18g    23g      12g      12g
0.7L カラムランプセット    220ml 0.8カップ 160cc     22g    27g    24g    30g      17g      16g
2.5L ランプセット    500ml 4 カップ 800cc     110g    135g    120g    150g      72g      80g
3.0L タイプ    600ml 6 カップ 1200cc     165g    202g    180g    225g      108g      120g
□ハイドロ蒸留法
  特にバラの花弁や厚さのない葉物や貴重なハーブに向く蒸留法で、ポットの中にハーブを入れて
 精製水、ミネラルウォーターなど
(水道水は塩素を含むため好ましくありません)を注いで蒸留する方法です。
  ポットに入れる水の量はポットのサイズの約50から70%。水を計りながら入れて、植物が浸る程度
 にし、抽出する量は入れた水の50%が目安です。一般的に水を使用する浸出法(マセレーション)では
 植物の成分を抽出する際の環境の温度によって、腐敗が起こったり、十分殺菌がされていないので長
 く保存ができません。一方、蒸留水は加熱殺菌されており、冷蔵庫保管すれば1年以上保存できます。
  また、銅イオンの作用によって、単にハーブなどを沸かして煮詰めたものとは全く異なり、香りが一
 層引き立ち、腐ったような植物臭がありません
(ステンレス製やガラス製の蒸留器ではこの臭いが出ます)
  ハイドロ蒸留法で得られる蒸留水
(芳香蒸留水/ハイドロゾルは最初に抽出された1/3がヘッドと呼ばれ
 最も良質で、次第に質が低下します。


□スティーム蒸留法
  植物
(ラベンダー・ローズマリー・月桂樹・月桃)などや木の根、皮、幹やチップなどに向いた蒸留法です。蒸留
 器の中に銅製などコイル状のスプリングや銅製パイプを入れ、市販のガーゼや麻や綿製のふかし布
 などに入れた植物が直接、水の中に入らないようにします。アランビックのタイプによってはふかし布
 のいらないカラムタイプなどもあります。蒸留器に入れるスプリングやパイプの高さは入れ水の量に
 よりますが、アランビックのサイズの50%、例えば3Lのアランビックであれば1.5Lの水を入れます。
 その際に、スプリングやパイプの頭が水から出るか出ないか位がちょうど良い高さです。
 蒸留水は入れた水の約40%を目安に抽出します。
  3Lのアランビックであれば水を1.5L入れた場合、600ccが目安となります。最初の200ccがヘッドと
 呼ばれる、最も上質な部分で次の200ccがボディーと呼ばれ、後半の200ccはテールと呼ばれ品質が
 一般的に落ちます。
主にアランビックを用いた蒸留法には2通りの方法があります。
蒸留法/精油の一般的抽出